愛火雲流製造「超平和バスターズ龍勢」のできるまで(その3)

今回は「たが掛け(たががけ)」という作業を紹介します。

簡単に説明しますと、前回の「超平和バスターズ龍勢のできるまで」の記事で紹介しました「筒」に、
竹で作った縄をはめていきます。

こんな感じ↓
DSC_3813a.jpg

この「たが掛け」という作業
もちろん大変です!

まず、筒にかけるタガはきつすぎても緩すぎてもだめです。
「丁度良い大きさ」のタガを作るのが最初の難関です。
DSC_3795a.jpg
流派の方は手際良く何個ものタガを作り、筒にはめてみて、その中からちょうど良いサイズのタガを探していきます。

丁度良いサイズのタガを作れたら、さっそく筒にはめていきます↓
DSC_3792a.jpg

DSC_3852a.jpg
タガが筒にしっかりはまるように、息を合わせて両サイドから均等にバランスよく打ち込んでいきます。

一人では龍勢は作れません。
人がたくさんいても龍勢は作れません。
龍勢は、みんなが力と呼吸を合わせないと作れないのです。
そして、
それがかっこいいのです!

ちょうどこの日は、愛火雲流さんのご好意により一般の方への作業の見学会も行われました。
DSC_3867a.jpg
今や時の人となった(?w)愛火雲流の棟梁自ら、見学にきた方々に気さくに丁寧に作業の説明をしたり質問に答えたりしてくれました(^^)
棟梁さん、お忙しい中本当にありがとうございました!
見学された方々も楽しまれ、とても満足されていた様子でした。

このように、外部の人間が伝統や歴史に触れあうことができる場を作ってくださるというのはとても嬉しいことであり、とても貴重な機会だと思います。
伝統の重さや神聖さの維持のため全てを一般の目にさらすとういうのは難しいと思いますが、こうした企画によ
り、祭りやその地域を愛するファンが一人でも多く増えたら嬉しいです(^^)
スポンサーサイト

トラックバック

URL :

プロフィール

しん

Author:しん
アニメと音楽とカメラと車をこよなく愛しています。

Twitter ID:@626shin

Flickr

注  意
当ブログにて掲載されている全ての画像は無断使用・無断転載・無断配布を固くお断りします。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR